医療機関の組織強化を実現する6つのポイント

旧型組織から生まれた歪みをどうするのか?

・離職が止まらない

・言われたことしかしない職員しかいない

・労働問題でもめている

 

などなど、組織の問題は多々あります。

特に近年のスタッフは、労働に対する考え方が変わってきています。

 

以前の職場であれば、自分で仕事を見つけて働く、人のやり方を見て自然に覚えるというようなことが普通でした。

 

見て覚えるということが前提で、忙しい職場に新人が送り込まれ、先輩職員の働く姿を一日見ている、そして、簡単な業務からスタートして段々と仕事を覚えてもらう。

 

これが一般的な医療現場です。

病院ですと、研修制度などがあるのですが、クリニックレベルでは、教育システムは確立していません。

 

 

これは、働く側に強い就業意欲と、自主性があることが前提でした。

 

しかし、今は、

 

・言われたこと以外はやらない

・強く言われると退職する

・求められても無理と諦める